• 温泉
  • 宿泊情報
  • 食の情報
  • ウインタースポーツ
  • グリーンシーズンアクティビティ
  • 音楽アカデミー&フェスティバル

資料館・美術館一覧に戻る

重監房資料館

命の大切さを知り、ハンセン病への差別と偏見をなくす。

重監房とは、ハンセン病患者を対象とした、
懲罰用の特別病室のことで、
群馬県草津町の国立療養所栗生楽泉園に
実際にあった建物です。

重監房資料館は、重監房とハンセン病問題に関する
資料の収集や保存と調査、研究の成果を発表し、
人の命の大切さを学び、
ハンセン病への差別と偏見をなくす為、
建設されました。


フルオープン期間(4月26日~11月14日)
受付対象:個人及び団体
開館時間:午前9:30~午後4:00
              (最終入館3:30)
休館日:毎週月・火曜日、祝日の翌日、館内整理日

団体専用期間(11月15日~4月25日)
受付対象:団体・学校の予約のみ
開館時間:午前10:00~午後3:30
              (最終入館3:00)
休館日:毎週土・日曜日、国民の祝日・年末年始、館内整理日


2018年8月4日から26日まで、バスターミナルから無料シャトルを運行します!
詳細は、こちらからご覧下さい。

料金  無料

【お問い合わせ】

重監房資料館
住所:群馬県吾妻郡草津町草津464-1533
TEL:0279-88-1550
FAX:0279-88-1553
URL:詳細はコチラ