• 温泉
  • 宿泊情報
  • 食の情報
  • ウインタースポーツ
  • グリーンシーズンアクティビティ
  • 音楽アカデミー&フェスティバル

草津観光協会 情報公開

草津温泉観光協会の業務と事業(2013年)

草津温泉観光協会では主に「道の駅」及び「熱の湯」での観光案内と情報発信を行っています。ここでは年間行事やその他の事業をご案内いたします。

主な行祭事のご案内
 1 温泉らくご。ゆけむり太鼓(4月1日~)=後援

 2 第18回ツール.ド.草津(4月21日)=共催
 
 3 第8回雪の回廊ウォーキング(4月24日)=協力

 4 志賀草津道路再開通式・祝賀会(4月25日)=主催
 
 5 春の星空観察会(5月3日~5月4日)=主催

 6 西の河原公園シャクナゲ植樹(5月)=観光整備事業として補助
 
 7 2013 草津温泉ラージボール卓球大会(5月8日~9日)=協賛  
 
 8 氷室のふるまい(6月2日)=主催  
 
 9 湯もみ体験(4月1日~9月30日の土日 但、8月10日~31日は毎日 8月1.2日休演)=主催

10 リソートやまどり運行記念イベント(7月)=主催

11 第11回草津よいと~こツーデーウォーク(7月20日~21日)=後援
 
12 草津温泉サッカーフェスティバル(7月~8月)=協力
 
13 第68回草津温泉感謝祭(8月1日・2日)=主催 
女神による式典を中心に実施。
14 NHKふれあい歌謡ステージ(8月1日)=主催
総合体育館にて実施。 
15 夏休みお楽しみプレゼント(8月8日)=主催  
運動茶屋公園を会場に昆虫採集のイベントを行う。(カブトムシ)
午前一回
16 第34回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル(8月17日~31日)=後援
テーマ「リヒャルト・ワーグナー生誕200年~わたしはどこから来たのか~」
17 草津温泉熱湯マラソン(9月8日)=後援
 
18 草津温泉ジャズフェスティヴァル(10月5日)=主催
音楽の森コンサートホールにて開催
19  道の駅周辺 紅葉ライトアップ(秋季)=主催
 
 
20  湯の花採取体験(12月上旬)=主催
 
21  湯畑特別ライトアップ(3月6日~9日)=主催
 
22 その他、草津国際スキー場イベントや自然公園財団等の行うイベントに協力する
誘客宣伝事業
 1 誘客宣伝事業
(1) 首都圏宣伝
  来客の大半を占める首都圏においては定期的なPR活動が不可欠であることから、人気のキャラクターゆもみちゃんを利用した宣伝(ステージイベント)、パンフレットやノベルティの配布、また開催時期に合わせた装飾や、物産品等の展示を行い、来草客数の増加を図る。また、本年もTIC東京(インフォメーションセンター)においてキャンペーンを実施、草津温泉のイメージアップと誘客増を狙う。
(2) 中京・関西圏キャンペーン
名古屋市、大阪市、草津市において旅行エ-ジェント訪問宣伝を実施する。また、駅コンコース等においてパンフレットやノベルティの配布を行う。
(3) 群馬県との共同宣伝
群馬県、群馬県観光物産国際協会との連携を図る。ググっとぐんまキャンペーンを群馬県、JRと協調して取り組む。
(4) 他の団体との共同宣伝
   インバウンド事業をはじめ、草津温泉旅館協同組合との共同で行う宣伝キャラバン、湯の華会、旅館組合・商工会両青年部、ザスパ草津、上信越ふるさと街道協議会、日本ロマンチック街道協会等の行う宣伝活動に協力する。
 2 パンフレット、ポスターの作成
パンフレットについては、用途・目的別に充実させ、かつ効率的なものを不足のないよう前年度使用実績に合わせ制作する。
情報更新をして総合パンフレットの充実を図ると共に、経費の効率的な使用に努める。
ポスターについては通年用を作成し、町内外、旅行業者への配布と駅掲出を行う。
また、電車の車内広告を高崎・宇都宮線に一ヶ月間、合計100枚を掲出する。
本年度は、埼玉県行田市と宿泊送客協定を結んだことから、専用パンフレットを作成、YAHOO!の地域限定バナー広告と合わせ、この地域からの来草客増を狙う事とする。
 3 広 告
新聞、雑誌等の媒体を効率的に用いて広告宣伝を行う。マスコミへの情報提供を行うとともに、テレビ、雑誌取材には積極的に協力していく。
ラジオのリスナーが年々増加している事から、本年も埼玉県・群馬県のFM局を利用したスポットCMに力を入れる。
また、案内看板等の制作と、既設の看板の管理を行う。
 4 東京駅「観光インフォメーションセンター」への参画
TIC東京に参画することにより、パンフレット、電子媒体、会報誌を通じた宣伝活動を行う。
海外の来館者が多く外国人誘致にも最適である。
 5 誘客推進対策キャンペーン
誘客の緊急対策として草津温泉感謝キャンペーンを実施する。
町内イベント(ふるまい・キャンドル灯り等)や宿泊プレゼント企画、雑誌新聞等の誘致広告などで誘客増を狙う。
 6 地域観光施設整備への助成
観光の活性化、誘客につながる行事及び事業に対して助成を行う。
収益事業
   熱の湯及び西の河原公園駐車場の事業を行う。 熱の湯の営業時間は、
午前9時半、10時、10時半、午後3時半、4時、4時半、に行うが(季節により回数変更有)
特に収益確保のため、ゆもみ体験の実施や臨時公演等の要望に応えていきたい。
  西の河原公園駐車場においては、観光協会員限定のサービス券を発行し、1時間延長無料券で滞在時間を増やし、お買い物や観光に充てていただく。
  また、「道の駅レストハウス」売店コーナーの効率的な活用と販売に努めると共に本年度は、人気のゆもみちゃんグッズを制作して売り上げ増を目標とします。
 

定款
事業計画
役員名簿
予算
表紙
メール


観光のご案内は
こちらです

情報公開メニュー